『三国志演義』と『正史三国志』では何が違うの?

『三国志演義』と『正史三国志』
三国志の物語は、日本では元禄年間に出版された『通俗三国志』全五十巻が紹介が初めで、その後絵草紙や芝居にまでなって、広く親しまれてきた。昭和の時代になって吉川作品が登場し、戦後は柴田錬三郎など力のある書き手が何人も書いているが、どれも基本的には『三国志演義』という、おそらく元の末期か明か建国される頃に書かれた小説を翻訳、翻案したり、下敷きにしている。

元から明への王朝交代は十四世紀、一三六八年である。日本では足利氏が幕府を開いた室町時代の初期、まさしく南北朝の対立が真っ盛りの頃だ。
『演義』の作者は羅貫中とされるが、どんな人だったか詳しくはわかっていない。物語がおもしろいから、作品自体と作者の名前だけが現代まで伝えられてきたのだろう。

吉川『三国志』に続き、元々の物語はどうなっているのかと思い、この『演義』を読んでみた。
読んでわかったのは、吉川作品は『演義』を比較的忠実に小説化していたことだ。「白髪三千丈」のような大げさな表現もやはりそこに由来していた。考えてみれば舞台が千八百年前の中国、書かれたのが日本で言えば南北朝時代、六百年以上も前の物語だから、これはしかたがない。では、『演義』はなぜあのような物語として成立してきたのか、どのような事情であの形になったのか。

そこでさらに、『演義』の下敷きになっているという、『正史三国志』にも目を通してみることにした。
ぼくはそれまでその存在も正しく知らなかったのだが、『正史』は、陳寿という蜀と晋に史官として仕えていた人が紀元三世紀の末に書いた、魏、蜀、呉の三国の正史だった。正史というのは、中国で王朝の交代があったとき、後からできた王朝の文責で前の王朝の歴史をまとめた新王朝公認の歴史書だ。最初は漢(前漢) の時代に司馬遷という人が、中国の神話時代から前漢第七代の皇帝である武帝の時代までをまとめた『史記』を書き、次の後漢の時代には班固という人が『漢書』を書いた。『漢書』は前漢という一つの王朝の歴史だけをまとめたもので、それが、以後の正史の形の手本になったらしい。

『正史』はその『漢書』の次に書かれた正史だった。正しくはただの『三国志』だが、ここでは物語としての「三国志」と区別するため、『正史三国志』としたい。なお本来の順番では『正史』より先に『後漢書』が書かれるべきだったのだが、『後漢書』は『正史』が書かれてから百年以上後の六朝宋(南宋)の時代にまとめられている。戦乱に明け暮れた三国鼎立時代には後漢の正史をまとめる余裕がなく、陳寿にしても、他の晋の人々にしても、おそらく後漢の歴史より直前の三国時代をいかに歴史としてまとめるかのほうに興味があったのだろう。

さて、『正史』を読むというのはけっこう面倒なことだった。
なぜかというと、「魂書」「司書」「呉書」の三つからなる『正史』は、『演義』のように事件や出来事が連なり、全体として起承転結がある物語形式ではなく、正史の常として「人物」ごとにその人の業績や行為をまとめているからだ。

たとえば曹操のことは、「魂書」の皇帝の業績をまとめた「本紀」の中の「武帝紀(武帝とは曹操のこと)」として書かれ、劉備のことは「司書」の中の「先主伝(司の先主の意)」として、孫権のことは「呉書」の中の「呉主伝」として書かれている。つまり大ごとの一代記、いわゆる「列伝」形式になっているわけなのだ。すると、たとえば「武帝紀」の中には劉備や孫権との話が出てくるし、逆に曹操のことは「先主伝」や「呉主伝」の中にも出てくる。

だから「官渡の戦い」のように何か一つの事象を見ようと思ったら、それは曹操と中国北部全域で覇権を打ち立てようとしていた袁紹との戦いだから、「武帝紀」はもちろん「魂書・袁紹伝」、それに「魂書・夏侯惇伝」など曹操の主要な武将の列伝なども読み、タイムテーブルをそろえなければならない。そうしないと、列伝それぞれの記述は、これも正史の常として簡潔かつ淡々としたものだから、話がわからなかったりするのだった。

ちなみに『正史』は晋王朝の時代に編纂されたものであり、その晋王朝は曹操が立てた魂朝をもとにした王朝だ。そのため「魂書」「蜀書」「呉書」のうち、最も重要性が高いのは「魂書」になる。記録された内容が多いのも「魂書」だ。そのため、タイムテーブルを合わせるときに、曹操(「武帝紀」)、曹丕(「文帝紀」)、曹叡(「明帝紀」) を柱にして、そこにその他の人物の行動をはめこんでいった。
このようにして『正史』を読み込み、ようやく物語としての「三国志」がどのように成立してきたのかがわかってきたのである。