三国時代の武器は長兵・短兵・射兵の三種類で特徴を紹介


戦いの基本は装備から武具 三国時代の武器は長兵・短兵・射兵の3種に大別することができる。 長兵は読んで字のごとく「長い兵器」で、先端に鋭利な刃を付けた槍のような武器。一方の短兵は短い武器で、どちらも白兵戦で使用された。

長兵と短兵の長さの目安として、直立した兵士の眉の高さより武器の長さが上なら長兵、下のものは短兵と呼ばれていた。しかし、人によって身長が異なるため、これはあくまでも暖昧な基準でしかなかった。

白兵戦において、攻撃側の武器はほとんどが長兵だったと考えられている。ただし、長兵を防いだのちに間合いを詰めれば、短兵は有効な武器となった。したがって、長兵を持たずに盾と短兵を装備して攻め込む歩兵も少なからずいたという。

また森林での戦いや水上戦、攻城などの限られた空間の戦闘では、長兵よりも扱いやすい短兵が重宝された。このため、長兵で戦う兵士も腰には必ず短兵を装備しており、状況に応じて武器を変えていたという。

さて、続いて射兵〈投射兵器)についてだが、これは長兵・短兵よりも重要な武器とされた。なぜなら、開戦直後は互いに距離を置いて対峙しているため、射兵の総力が強ければ強いほど、戦況を有利に進めることができたからだ。

それゆえに射兵の性能向上は各軍の優先事項と考えられていた。戦闘が少ない冬場は、戦略会議とともに射兵の改良が繰り返され、やがて複数の矢を同時に放つ元戎や巨大な石を投げ込む発石車などが活用されるようになった。

このほか、攻城戦では城門を破る衝車や、城壁を乗り越える塔天車などの大型兵器も用いられている。

また、水上戦では三重の甲板を持つ大型の楼船速度を生かして敵船に突撃するもう衝、小回りが利いて偵察に用いられた艇など、用途に応じてさまざまな船がつくられた。

なお戦闘は兵器の牲能や生産力にも大きく左右されたため、豊富な資源を持つ国土や生産者の確保にも重点が置かれた。ときには古い王の墓を荒らして金属や木材を奪取したり、平定した地の捕虜を労働力にすることもあったという。


三国時代に使用された主な武具
長兵

柄の先端に二股の刃が付いた長兵。防御にも優れ、騎兵・歩兵を問わずもっとも使用された。

双戟
メインとなる刃の根元に、2本の刃が垂直に枝分かれした戟の応用武器。典いらが使用したとされる。


柄の先端に尖った穂先を付けただけのシンプルな長兵。槍(やり)の元祖になった。


柄と歪直に刃が付けられた長兵。両刃の鎌のような形状で、おもに対戦車戦として用いられた。


諸葛亮がつくったといわれる竹槍。武具というよりも、敵の侵入を阻止する障害物として使用された。

大刀
幅の広い片刃の刀身が付いた長兵。前漢時代、騎兵と戦うために使用された斬馬剣の改良版とされる。

短兵

片刃の刀剣で、突き刺すのではなく斬るための短兵。短いもので70cm、長いものは120cm程度。


両刃の刀剣。刀と併用されていたが、宝剣としての扱いも多く、高位者の権力の象徴とされた。

手戟
戟の柄を短くした武器で全長70~100cm程度。接近戦のみならず、投げて使用されることもあった。

たん
矛を短くしたような武具。矛と異なり、柄の部分も鉄製だった。おもに北方民族の匈奴が使用。

ヒ首
全長20~30cmの両刃の短剣。護身用として携帯することが多く、暗殺の武器としても重宝された。


対人用の武器としても使用されたが、当時は敵軍を威嚇する象徴の役割が強く儀仗用だった。

射兵

基本的な射兵。騎兵は必ず装備しており、歩兵も弩を射る兵士を補助するために装備していた。


弓に銃身が付いた射兵で現代のボーガン。弓に比べ発射間隔は長いが威力は高い。おもに歩兵が装備。

元戎
弩の大型版。複数の巨大な矢を同時に発射できる。諸葛亮が発明した連弩を改良した兵器とされる。

発石車
巨大な石を発射する大型兵器。高楼の破壊などに用いられた。動かすためには複数の兵士が必要。

兵器
衝車
城門を破壊する兵器。巨大な槍を搭載した車で、槍は車の屋根に吊された。鐘を打つ要領で使用。


広告
この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!