同年同月同日に死せんことを願う劉備、関羽、張飛の桃園の義


同年同月同日に生まれしことを求めず、ただ同年同月同日に死せんことを願う  (三国志演義・第一回)

【たとえ生まれた日にちは違っていても、死ぬときは一緒に死にたい】

これは、劉備、関羽、張飛の三人が「桃園の義」を結んだときの誓いの言葉である。
もちろん『演義』のなかの出来事であるが、この三人の出会いは次のようになっている。

「黄巾の乱」が勃発した184年の春、劉備が義勇軍を募集する役所の高札を眺めていると、顔見知りの同郷の張飛に出会う。二人が居酒屋で飲み交わしていると、解県出身の関羽が現われる。解県は中国随一の塩の産地で、彼はそこの横暴な有力者を斬って棄て、今は放浪中の身の上であった。三人は意気投合する。

こうして偶然出会った劉備、張飛、関羽の三人は、張飛の家の裏にある満開の桃園で義兄弟の契りを結ぶ。歳の順に劉備が長兄関羽が次兄、張飛が末弟となる。このとき劉備、28歳。

これはもちろんフィクションなのだが、この場面この言葉は、数百年にわたって人々の【たとえ生まれた日にちは違っていても、死ぬときは一緒に死にたい】(三国志演義・第一回)胸底に刻み込まれている。ちなみに演義は14、5世紀に作られたもので、作者は羅貫中という。

正史「三国志」には、三人は「眠るときは部屋を共にし、その情愛は兄弟のようであったが、公式の場ではけじめをつけて、関羽と張飛は劉備の臣下として一日中でもそばに付き従っていた」とあるので、義兄弟の契りの場面があながち嘘ということもないように思われる。

無名時代に培った友情というのは案外もろいものだ。いっぽうが有名になったり、出世したり、出世した末に主従関係に陥った人たちが対立することは、よく見聞きするところである。

しかし、劉備、関羽、張飛の三人の友情は終生変わることはない。のちに関羽は魏軍と戦っているさいちゅう、密かに魏と通じた呉軍に背後を衝かれ、捕えられて処刑される。
その死を悼むあまり、悲憤糠慨した劉備は、無謀ともいえる復讐戦を仕掛けて大敗を喫するのである。