江東の小覇王孫策は人間的魅力があったが甘さで短命を招いた


群盗、大志あるにあらず、これとりことなすのみ
(呉害・孫策伝)
単なる盗賊の群れに過ぎず、大きな野心があるわけではない。抑え込んでおけば、いつでも片付けられる
呉国の基盤を築いた孫策に、江東で地歩を固めるチャンスを与えたのは、長江を南北に挟んで対立を始めた、袁術と劉謡の二人である。

当時、長江北岸は完全に袁術の支配圏にあり、衰術配下の孫策が入り込む余地などまるでなかった。しかし孫策は、劉認討伐を名目に、袁術から千余の兵馬を借りて挙兵した。
父・孫堅以来の古参の勇将、程普・黄蓋・韓当らに加え、親友の周瑜を得た孫策は、軍勢を率いて江東に討って出た。

経緯はこうである。揚州刺史に赴任した劉認は後漢王朝のもと、袁術を抑え込む役目を負っていた。その劉謡は、孫氏一族の墓がある曲阿に拠点を定めると、袁術傘下として丹陽郡にいた呉景と孫貢を追い出したのだった。呉景は孫策の叔父、孫貫は孫策の従兄だった。困ったのは袁術である。北方には睨みをきかす曹操、徐州には劉備や呂布がいるため、動きがとれない。

つまり長江を渡って、劉認に攻撃を仕かけられないでいたのだ。そこに孫策が、叔父である呉景らに加勢し、劉議を討伐したいと袁術に申し出たのだった。袁術から独立し、曲阿のある江東の地を拠点にと考えていた孫策にしてみれば、願っても無いチャンスだった。まさか孫策が江東を制覇し得るなどとは思っていない袁術は、自分にとって都合の良い申し出だと、それを認めたのだった。

呉景・孫賞軍と合流した孫策の軍勢は、義勇軍も加えておよそ五、六千人にまで膨れ上がった。曲阿を占拠していた劉謡軍を撃破し、丹陽郡を占領した孫策軍は、勢いを駆って会稽の太守・王朗の討伐を目指そうとする。それに対し、江東の反乱分子である土賊の動
きを懸念した呉景が意見する。

「まず、土賊の厳白虎らを滅ぼしてから、会稽を目指すべきではないのか」と。しかし、その忠告に対し、孫策は冒頭の言葉を返したのである。
「群盗、大志あるにあらず、これ禽となすのみ」
つまり、江東の山賊や群盗の類いなどは、拠点を築くに支障があるわけでないので、後からゆっくり始末をつければ良いというのである。そして孫策一行は急ぎ南下し、会稽の王朗を討ち取る。

しかし孫策陣営が江東で版図拡大を始めると、それを脅威に感じた北方勢力の画策もあって、江東の反乱分子が結託し、ついに動き出す。そこで孫策は、もはや無視できなくなった厳白虎ら土賊勢力をも一掃する。
自ら指揮を執った土賊討伐を機に、孫策は呉景・孫貢といった孫一門を完全に哀術配下から引き抜く。そして、先述したように哀術から独立を果たした孫策は、次々と江東各地を攻略して行くのである。



笑語を好くし、性は關達聴受、人を用うるに善し
【冗談が好きで、こだわりなく他人の意見を聞き入れ、人を使うのが上手い
これは、呉の孫策の人柄について、三国志の編者・陳寿が述べた言葉である。その人となり、秀でた容姿を称え、「談笑を好み、心が広くて人の意見によく耳を傾け、適材適所に人を用いた。そのため身分に関係なく孫策を知る者は皆、誠心誠意、命を賭けて付き従った」というのである。

江東を制圧した孫策は、若くして「江東の小覇王」と称えられるほどの器量の持ち主だった。天折しながら英雄として歴史的な功績を残す人物というのは、ごく稀である。冒頭の陳寿の言葉に見られる孫策の魅力的な資質が、その功績の所以とも言える。

人材収集の面では曹操も定評があるが、孫策は曹操と比べても引けを取らない。前項で述べた周瑜を筆頭に呂範、張昭、周泰、太史慈、呂蒙といった、たくさんの逸材を身辺において、大きな仕事を成し遂げている。この非凡な人材収集能力も、「この人のためなら…」と思わせる人間的魅力がなければ、効力を発揮しなかったであろう。人に好かれる性格と飾らない率直さが、トップに立つ人間には不可欠な才覚であり、器量だと言える。
しかし一方で、孫策の人間的な甘さが短命を招いたとの評価もある。

いずれにせよ、孫策から優秀な参謀と江東の地盤、そして優れた人材活用の妙技を受け継いだ弟の孫権が、こののち呉を建国して三国鼎立への道をつくるのである。